スポンサーサイト

  • 2016.11.18 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    相田雄壱郎 漆展

    • 2014.02.05 Wednesday
    • 22:34
    友人の相田さんが
    展示会を行います。





    場所 三越日本橋本店 本館5階 特選和食器

    期間 2014年2月19日〜24日
    10時〜19時
    彼の作品は
    世界で通用するような作品です。
    会津でおさまるような人物ではないと
    思います。

    彼も
    原発事故の影響を受け
    これからどう活動していくかを悩んで
    日々生きています。
    これからの彼の活動のために
    彼の作品を見に行って頂きたく思います。

    素晴らしい作品をつくる
    彼の意気込み、そして苦悩。

    是非
    展示会を通して
    触れて欲しいです。

    歴史をしっかり踏まえて
    制作にもそれが反映されています。

    よろしくお願いします!


    スポンサーサイト

    • 2016.11.18 Friday
    • 22:34
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんばんわ。突然のコメント失礼いたします。
      相田雄壱朗さん作品をネット上で拝見しとても美しく素晴らしい線に感動しました。
      ネット上では情報が少なく どちらに伺えば相田さんの作品を直に拝見できるかを伺いたくこちらにメッセージさせていただきました。
      ご教授いただけると幸いです。
      • 朝倉圭一
      • 2014/05/21 7:11 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728    
      << February 2017 >>

      苔玉の扱い方(水やり)

       容器に水を張って、そこへ玉の部分を数分浸すことを、毎日か数日に一回やります。または、霧吹きで、玉の部分が中まで、浸透するまで水をかけます。その後、しっかり水切りをしてから、飾ってください。

      苔玉の扱い方(施肥)

        春、秋、開花前、後に、液体肥料、1000倍程度に水でうすめたものを、水やりの要領で、週3〜4   回やります。

      苔玉の扱い方(環境)

       春、秋は、やや日なたよりの場所で、冬は、日なたで。夏は、半日陰の場所で管理   します。  重要なことは、週にできる限り、外の空気を当てることです。  ベストな環境は、木漏れ日が当たる場所で、朝露があたる場所が最高です。こういう場所は、人間にとっても気持ちが良い場所です。人間が、自然のなかで気持ちがいい環境を、苔玉にも提供してあげれれば、うまく育てれます。 人気ブログランキングへ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM